いさくん日記

いさくんの日記です
<< 夫婦で日帰り爺ヶ岳 | main | 2日目 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
北アルプス南部周回 1泊登山 1日目
もともとは2泊3日で黒部五郎・薬師・五色ヶ原方面を計画してたんだけど、事情により没になり最終的には前日に思い付きで決定したコースに行ってきた。1泊2日で発着を起点に周回するって条件でどこかと考えてみた。

1日目(7/26)三俣〜常念岳〜横通岳〜大天井岳〜西岳〜槍ヶ岳〜大喰岳〜南岳小屋
2日目(7/27)南岳小屋〜大キレット〜北穂高岳〜涸沢〜横尾〜蝶ヶ岳〜三俣

朝4時過ぎに三俣登山口に到着。
駐車場に空きがあるか心配してたんだけど、何とか隙間に押し込んめて一安心。さっと準備して4時半過ぎにヘッドランプを点けて出発。空は星がきれいで、天気予報通り好天のようだ。
テン泊装備なので普段の日帰りのようには軽快でないけれど、それでも装備はかなり削ってきたので重いと感じるほどではない。ザックの重さは7キロ程度かな。
三俣から常念岳に登る人はあまりいないようで、このルートはいつも空いている。今日も前常念までは誰にも会わなかった。
森林限界を超えると一気に視界が開ける。富士山がこんなにクッキリと見えるのは初めてかも。

常念小屋付近はさすがに登山者で賑わっている。ここは素通りして大天井岳に向かう。
この区間を行くのは今回が初めて。思った通り歩きやすく景色の良い稜線だ。常念小屋からだと登り基調のアップダウンが続くので楽ではないけれど高山植物が多く雷鳥も見られたしなかなか良かった。


横通岳への登りからの常念岳と常念小屋。


大天井へ向かう気持ちの良い稜線。


雷鳥・・・

ようやく大天荘が見えてきた。

大天荘までは思ったよりも時間がかかったな。ここは優奈とも妻ともテン泊した思い出深いところ。今日はここで最初の大休憩をとった。ここのテン場はフラットで景色が良くて、更にトイレが新築されており相変わらずいいとこだったな。
トイレと補給を済ませて15分程で出発。

大天井ヒュッテまで一気に下ると槍ヶ岳へ向かう東鎌尾根となる。ここから西岳までは平坦基調でお花畑が連続する区間。どこも花満開で素晴らしい。下手なので写真は載せませんが・・・
この辺まで来ると槍ヶ岳がどんどん近づいてきて、常念岳が遠く離れてゆく。今日の中間地点ってとこかな。
相変わらず登山者は少ないのは意外で自分のペースでどんどん進んでいける。一番心配していたのは東鎌尾根のハシゴ場での渋滞なんだけど、1カ所だけ中学生30人程の集団に引っかかった以外は全く問題無。梅雨明け後の快晴の週末なのにこんなに空いてて良いの?って感じだが。

水俣乗越まで一気に下ると、あとは槍ヶ岳までひたすら登りのみ。前を見ればすいぶんと高く遠いところにそびえ立っていてちょいと気が萎えるけど、連続するハシゴ場でどんどん標高を稼ぐと思いのほか早く近づいてくる。心拍もグングン上昇しますが。

ハシゴ場を抜けて殺生ヒュッテの辺りまで来ると傾斜も緩んでくる。疲れも出てきているのでペースは全く上がらないけど。


西岳手前辺りから今日これからの行程が全部見える。手前の東鎌尾根を槍まで登って
左端に向かって稜線を歩いて行くと南岳だ。一番左端は北穂高岳かな。


東鎌尾根からは前穂北尾根のギザギザがきれいに見える。

1時過ぎ、ようやく槍ヶ岳山荘へ到着。さすがにここは賑わっている。夏の北アルプスを満喫している人達で一杯だ。
テラスで食べている山荘のカレーがとても美味しそうで思わず買いそうになるのを我慢して、ここは水2ℓだけ購入して出発。
渋滞等で遅れた場合は、ここに泊まることも想定してたけど、このペースなら予定通り南岳小屋までは楽勝でしょう!
この稜線区間は今回の山行のハイライトのひとつだったんだけど、想像通り素晴らしい景色と空気の3000mの尾根歩きとなった。
左側を見ると今日ここまで歩いてきた山々が全部一望できる。右側は笠ヶ岳〜昨年行った三俣蓮華・鷲羽・水晶方面。
いやぁ、最高ですな。槍ヶ岳山荘を過ぎると殆ど人もいなくなり、この空間を独り占めしているかの気分だわ。


右端の常念岳〜左端の大天井岳、そこから手前に向かって西岳〜東鎌尾根。
いやぁ、よく歩いてきたな。


槍ヶ岳〜南岳の稜線も花が豊富。ってか、この時期はどこも花だらけなんだけど。


ここでも雷鳥・・・。今日は9羽も見たぞ。

2時半頃に南岳小屋に到着。今日はここでテン泊だ。
早速、酔っぱらう前にツェルトを張ってマットを敷いてシュラフを広げておく。
このテン場は槍と穂高に挟まれているので景色に期待してたんだけど、残念ながらどちらも見えず。その代り西側の笠ヶ岳〜水晶までの山々の景色は良かったな。常に風が強い場所らしいので張り縄のテンションをしっかりしておく。
夕飯食べながらビールを1ℓ余り注入すると良い気分になり、そのまま気絶と相成った。
| 登山・アウトドア | 09:56 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 09:56 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://isadon-55.jugem.jp/trackback/3134
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE