いさくん日記

いさくんの日記です
<< 恒例 火打山 | main | 長野マラソン記録証 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
焼山スキー!
火打、空沢、昼闇と近くまで行くことはあっても登ったことのない、すんごい存在感の焼山へ行ってきた。
メンバーは、miyakenさん・ばもさん・めーじん・ぴなくん・お初のカメさんとオイラの6人。

集合は焼山温泉5時。当然だけど前回きた1ヶ月余前と景色は全然違っており4〜5mあった雪がすっかり消えていた・・・。前は電線が頭の位置にあったんだけどな。除雪は林道途中まで進んでおり、橋の先に車を置いてスタート。


除雪最終点の雪壁を登って山へ。


前回ヤバかった林道区間もジグザグに雪が途切れており担ぎで登る。
部分的にスッパリ落ちてるところのトラバースなどあって気が抜けないね。


林道上部を回り込むと一気に行先の山々が登場!
焼山〜高松山〜昼闇山。新緑と残雪の組み合わせが素晴らしい景観ですな。


アマナ平手前のあたりで、正面に焼山を見ながらのんびり進む。まだ遠い&暑いなぁ。

今日は序盤の林道区間以外は危険が少ないので何だか残雪ハイキングって感じでいい気分である。
新緑の萌え具合がすごい。


アマナ平から丘を登って回り込むといきなり視界が開ける。北面台地の末端だよ。ホント豪快な景色に感激。

ここからは焼山目指してひたすら真っ直ぐ、単調に足を進めるのみで分かり易い。シールが相当水を吸っておりいつになくスキーが重くて辛いわ。




この辺、もう目の前のように見えて実はここからが本番ってところです。景色が広大すぎて距離感が狂います。


徐々に斜度が増してきて・・・ スキーで登れるギリギリのところで一旦休憩。
ここで頂上を目指す組と、ここで終了組に別れることとなる。
オイラは一応、ピッケルとアイゼン持ってきたので止める理由なしってことで、同じくアイゼン持参のめーじんと頂上を目指す。
ブッシュの上の僅かなスペースでアイゼン付けて板を担いで出発です。
え〜、正直言って相当斜度キツいです。上を見上げると壁なんですがヘルメットが担いだ板に当たってあんまり上向けない・・・
ピッケルが無いとステップ切って進めないのでオイラが先を行く。めーじんはストックだけでよく登ったわ。終始4本足歩行なのでダブルアックスでもよいくらい。

登ってると、あまりに急斜面に感じるのでホントにスキー滑走できるのか?と心配になるんだが、斜面を見ればスキーで滑るにはさほど問題ないと判断できる。とはいえスキー場ではあまり無い斜度だね。


登るめーじん。高度感凄いっす。

しかしながら、この雪壁は山頂直下で途切れており山頂に到達するには藪こぎ、または急な岩場を登らなければならない。
いずれにしても邪魔なスキーはデポして前進を試みるが藪は濃すぎて無理。脇の岩場は普通のシューズなら問題なさそうなんだが、スキーブーツでは全く進めず・・・。非常に残念ではあるけれど山頂目前で断念ですな。

とはいえ、一番の核心部の雪壁を登りきったってことで充実感高し!です。更にここを滑れるし!

雪壁最上部の雪割れしている凹部で滑走準備。狭いとこなので板を落としたりしないよう注意する。
いよいよ滑走!


相当急だけど、雪は緩いし視界もバッチリなのでめーじんの腕前なら問題なしですな。
暫しの急斜面滑走を楽しんだら広い斜面を飛ばしてみんなに合流。お待たせしました。

北面大地上部の凄んごい景観に囲まれてカップ麺とおにぎりで昼食。あぁ贅沢。
あとは下るのみ。




この辺からレンズの汚れに気が付かずに撮ってたので画像が曇ってる・・・


北面台地の下部からは一気に滑りが悪くなり太腿がかなりキツいぞ。


ラストは暑さと進まない雪に苦戦だったが、ブナの新緑に癒されつつ無事に終了です。


お疲れ様でした!

初参加のカメさんもスキー2シーズン目ながら苦楽しめたのではないかと。
来シーズンも楽しみましょう。皆さん毎度ありがとうございました。



 
| 登山・アウトドア | 21:10 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 21:10 | - | - | pookmark |
コメント
今シーズンもあざーした。
焼山山頂アタックは、自分の山スキーの範疇超えてましたので止めました。
この暑さだともうスキー終わりですね。
| miyaken | 2015/05/03 2:07 PM |
miyakenさん、どうもです。
自分も基本、ピッケル&アイゼン領域まではやらないつもりでいるんで今後はあんまり登場しないと思います。
来季も安全第一で楽しみましょう!とはいえ雪、名残惜しいなぁ。
| いさ | 2015/05/03 6:10 PM |
突入部隊先陣ありがとうございました!ピッケル無いと話にならない事がよくわかりました。
山頂まであとちょっと、悔しかったですが又ルート変えて次回のお楽しみですね!
| めー | 2015/05/05 6:09 AM |
めーじん、どうもです。
山頂アタック付き合ってくれてありがとうございました。
今回はあそこで満足しましたが、やはり次回は何としても登頂しましょう。また宜しくお願いします!
| いさ | 2015/05/10 4:56 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://isadon-55.jugem.jp/trackback/3126
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE